人気ブログランキング |
ブログトップ

ミネキク はんこノート

minekiku.exblog.jp

【手紡ぎ市】出店者インタビュー第7弾「小太郎屋」さん

手紡ぎ市出店者インタビュー 第7弾は、さをり織りの小太郎屋さんです。
小太郎さんの織る,マフラーとショールには、独特の色の世界があります。
何度も買っていくファン多し! ええ、うちの母も、その1人。
長さや、幅がちょうどいい,とか、いろんな色で織ってあるから
どの部分を出すかで、印象が変わって,面白い,とか。
ミネキクも、5本くらい、持ってます♪
f0177745_7201749.jpg

f0177745_7154051.jpg

【プロフィール】
小太郎屋
2009年より、雑司ヶ谷鬼子母神の手創り市に出店。当初は、ビーズネックレスや、ちりめん細工などを販売。さをり織りに出会い,はまる。以来,さをり織りのマフラー,ショールを出品している。ちなみに,屋号は、飼っていた小鳥の名前。
f0177745_2582855.jpg

◆この手仕事を始めたきっかけは、何ですか?

手創り市で、織り物を出品していた,elaa Vapaa(エラーヴァパー)さんとの出会いです。体験教室をやっている、と聞いて、参加したら…。教室の棚に、わーっといろんな色の糸が、たくさんたくさん並べられていて。この中の、どの糸でもいいですよ、何色でもいいですよって。もう、ドキドキしちゃって。
f0177745_2561181.jpg

気がついたら,3回も体験教室に通っていました。このまま先生のお教室に通いたいけど,ちょっと遠い。それで探したら,自宅の近くに、さをり織りの教室があることが分ったんです。それで、そちらに通い始めました。そして、あっという間に、織り機を買ってしまって,あっと言う間に、市に出店してました。
f0177745_258619.jpg

そうしたら、そのお教室では、障害者の人たちもきていたんです。彼らの作るものが、ものすごくいいの。さをり織りは、みんなが、みんなで、楽しむもの。自由で失敗がない。

週1で、お教室の手伝いをするようになりました。障害者の人たちのいろんな織りも、見る事ができました。いろんな人がいて、きちんきちんと織り方にこだわる人や、糸をぐちゃぐちゃに使う子や…。これも芸術なんだよ、どんなものにも失敗はない、と、先生はおっしゃっています。それが、さをり織りなんです。否定は全くなくて,すべて肯定するのが、さをり織り。
f0177745_521646.jpg

教室の他の生徒さんは、さをり織りで織った布で、洋服を作ったり,バッグを作ったりしています。でも,私はそういうのに、全く興味がなくて。マフラーとショールにこだわって作っています。
f0177745_440369.jpg


◆ショールとマフラーにこだわるのは、なぜですか?
f0177745_7162348.jpg

色が好きなんです。色を織ることが楽しい。
一本のマフラーを織りおわって、一本を通してみる時が、幸せなんです。
今日はこういうイメージで織ったんだなあ。
そういうのがね、一本で完結するんです。
織り上がった時に、今日の自分が分るというか。
f0177745_2565538.jpg

あと、素材ね。ウール、綿,麻,レーヨン,ナイロン
ループを巻いてる糸…。
素材と色の組み合わせ。
どこに? どの素材を入れようか? 何色にしようかな?
織っている時間は、瞑想のひとときみたい。
f0177745_73547.jpg

何も考えず,機織りの単純作業を繰り返して,
気がつくと織れてる。
「ああ,早く織り上げて眺めたい」と思ってしまいます。
f0177745_3112068.jpg

もともと,織り物になんの興味もなかったんです。
こんなに、はまるとは、思いませんでした。
何も考えないで、
トントン カタリ シャー トントン
リズミカルに織っていくのが
とっても気持ちいいんですよねえ。
f0177745_4312519.jpg

◆なるほど〜。小太郎屋さんの作品には,「竹富島の海マフラー」とか「森のかくれんぼう」とか,名前が付いていますものね。それがまた、面白いです。

◆幸せを感じる瞬間は、どんな時ですか?
f0177745_2574552.jpg

皆さん,首に巻いてくれる時
わ〜とか、素敵ね〜とか、いって、合わせてくれるんです。
それをみているのが、本当にうれしくて。
あの感覚を忘れられない。
だから、市が、好きなんだよねえ。
f0177745_739256.jpg


◆こだわり、どこですか?
自分のためにではなく、誰かのために織っています。
誰かが、巻いてくれているのを見るのが好きなんです。
だから、お客様が選べるように,いろんなものを織って行きたい。
f0177745_7464146.jpg

そして、お値段。自分自身が、マフラーには、いくらまで出せるかな,という金銭感覚で。

織りが好き。
色が好き。
市が好き。
人が好き。
誰かが巻いてくれるのが、幸せ。
f0177745_7525069.jpg

私の織りは、芸術品ではありません。
アートでもありません。
ただ織って,市に出せればいい。
そして、誰かの首に巻いてもらえれば,それでいい。
好きなものを共有する瞬間が好きなのかも。
子どもが褒められると,うれしい、みたいな(笑)


◆好きの固まりが、小太郎屋のマフラーなんですね。
f0177745_7154051.jpg

どうぞ、あなたに似合うものが,ありますように。
ぜひ、巻いてお試しくださいね。



近づいてきましたよ!
「手紡ぎ市ープロの手仕事、集めました。」
9/22(土)、23(日)葛飾区青戸にて。
出店者インタビュー,掲載中!
第1弾 Lotus Nailさん
第2弾 123ベーグルさん
第3弾 Rose angelさん
第4弾 和泉恵さん
第5弾 Effe*さん
第6弾 starmineさん

第6回スタンプカーニバルwithスクラップッキング
10/12(金),13(土)浅草にて。
http://www.stampcarnival.com/

「魔女の宅急便」を久しぶりにみたら、なんだか泣けました。
今日も読んでくださって、ありがとうございました。
はんこのブログランキング、参加してます♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
にほんブログ村
by mine_kiku | 2012-09-02 12:00 | ★ミネキク主催イベント
<< リセット オーダーメイドはんこ「似顔絵はんこ」 >>