人気ブログランキング |
ブログトップ

ミネキク はんこノート

minekiku.exblog.jp

そして、そこには、何もなくなった。

個展の撤収をしてきました。
f0177745_16334985.jpg





作品を貼るのは、すごく時間がかかったのに
はがすのは、あっという間。
f0177745_16333580.jpg

いろんなことを思いながら
ゆっくり外したり
ゆっくり整えたり。
f0177745_1634433.jpg

すべてを片付けた空間は
引っ越しの後みたい。
f0177745_16341831.jpg


静かな空気が戻ってきました。
f0177745_16342837.jpg

カフェには、何もなくなり
私の中には、たくさんのものが残りました。




最終日にきてくださった方々のコメントを読み
差し入れを受け取りました。

本当に、お友達や家族に支えられいるなあ、あたし。
ほんとに、なんて幸せなんだろうな。
ほんとに、ありがとうございます。

はんこを始めて
最初にオーダーしてくれた友達のコメントが。

今回展示した作品は
彼女と、彼女のお母さんに当てた葉書がほとんどでした。

はんこを始めたばかりのことを鮮やかに思い出しました。

実は、個展期間中、ちょっと疲れてしまって
コーチングを受けたのです。
そのとき、コーチから、
「はんこを始めてからのこと、振り返って、噛み締めてみて」
と言われていたんです。

でも、なかなかそんな風になれなかったんだけど
急に記憶が戻ってきて、なんだか泣けました。

はんこを始めたばかりの頃、
彼女のおかあさんは、
まだまだつたない私の作品を
好奇心いっぱいの目で観てくれて
いいね、いいね、と言ってくれたのでした。

私はおかあさんに笑ってほしくて
葉書を作っては、送っていたのでした。

あれが私の原点でした。

ノートをめくりながら
はんこを通じて生まれた、たくさんの人との繋がりに感動しました。

この方とは、こんな風に出会ったんだった。
あのとき、こんな風に感じたんだった。

ほんとにたくさんの出会いにパワーをもらって
背中を押してもらっていたのでした。


今回の個展の成果は、
赤字になったか、ならないか、ではなかったのだなあ。

今までの自分を見つめ直し
大切なことを、確認して
これから、進みたい道に歩き出すための
ステップだったのだなあ。

私ときたら
目の前の数字にばかり心を奪われて、右往左往してた。
ああ、おばかさん。


カフェからの帰り道、
東中野でやっている長野亮之介さんの個展を観にいきました。

ガツン、と来ました。
すごくよかったです。
伝えたいことが、ビシビシ伝わってきた。
展示もとても考えられていて、よかったです。
これがプロの仕事。

恥ずかしくなりました。


覚悟。

みたいなものができました。

仕事にする、とはこういうことなのだ。

やっぱり、あたしは
アマチュアじゃなくて
プロになりたい。

もう、こんなにグラグラしない。

急上昇志向はやめて
地に足を付けて、コツコツ、やっていこう。

「真面目にやってれば、いつかわかってもらえますよ」

「かもめ食堂」のサチエさんは言ってたもんね。

サチエさんのように、
揺るがない自分で居続けることは
私の性格上、難しいけれど、
自分の好きなことを信じ続けたい。

そんな風に思っています。

観に来てくださったみなさん
応援してくださったみなさん
心配してくださったみなさん
ワークに来てくださったみなさん
本当に、本当に、ありがとうございました。

そして、一番大切な家族に。
いつも応援してくれて、心配してくれて、ありがとう。
f0177745_16344532.jpg

by mine_kiku | 2009-05-20 16:38 | ★ミネキク出店情報
<< 5/31 手ぬぐい作ろう! 5/17個展最終日 >>