「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

ミネキク はんこノート

minekiku.exblog.jp

展示とは、空間を作品にすること

f0177745_8511661.jpg

茶房 高円寺書林での 個展には
お友達が何人もきてくれたようで
本当にうれしいです。
ありがとうございます!
お花が届いていたのです!
そして、差し入れも! ありがとうございます!
涙が出そうになりました。



ノートにコメントがあったりすると
本当にうれしくて、うれしくて。

行ってくださった方
お名前だけでも書いてくださるとうれしいです。
もう一生の宝物になります。

お礼の葉書を出したいので
ご住所も書いてくださるとうれしいです。

初めての展示なので、至らないとこだらけです。
気がついたことは、教えていただけるとうれしいです。
次に生かしたいです。
f0177745_8514790.jpg

ところで……
f0177745_8581259.jpg

私は、昨日、やっと気付きました。
f0177745_8582247.jpg




やっぱり、余白は必要だったのだ……。




展示した空間……


心地よくないのはなぜ?

何がそう感じさせる?

自分の作品だから?



ちがう…。




余白がないからかも。




点数が多くて
額もでかいから
余白がないのです。

余白がないと、窮屈な感じ。
迫ってくる感じ。



余白、作りたかったけど
作品点数が多くて、作れなかった。

でも、作品を減らして
余白を作った方がよかったのかもしれない。



展示とは、空間を作品にすることなのだ。
作品になってるか?
なってない。貼っただけだ。



何いってんだー、いまさらこんなことに気付くなんて。
くー、未熟だな、私。


またひとつ勉強になりました。はー。
[PR]
by mine_kiku | 2009-05-07 08:54 | ★ミネキク出店情報 | Comments(0)
<< 【ワークショップ】5/9、16... 搬入してきました >>